当院の特徴的なシステムである、トレーニングシステム。外傷や痛みがある場合はしかたなく治療からはいりますが、それ以外の場合は、無理矢理治療したり、いきなり歯をいじったりすると、歯科治療に対しての記憶は不安と恐怖と痛みだけがのこってしまいます。
 そんな嫌なイメージをなくす歯育トレーニングを当院では、子供の時からのメンタルケアも含め治療をしていきたいと考えています。

 初めて会う人たち、はじめて会う器具器材。子供たちにとっては不安でいっぱいですよね。当院では、お子さまに歯科は大変な治療をされる嫌なイメージをもってもらうのではなく、お子さまにも納得した治療をうけていただきたいと考えています。
 歯院の治療器具や音に対して不安をもっている子供に対して、無理矢理治療すると歯科医療に対しての記憶は、不安と恐怖と痛みだけがのこってしまいます。遊びを通して嫌なイメージをなくしてもらい、「なーんだ歯科診療なんて、ぜんぜんたいしたことないんだ。」とおもってもらえる、治療方針を進めております。

 上記のコメントで述べたように、一度歯科診療に対して全然平気だといったイメージをもたれたお子さまは、その後何度も何の抵抗もなく来院することができ、お口の中も常に管理された良い状態が保てたまま大人になれると考えております。また、私たち小児歯科ではお子さまとお母さん、そしてスタッフの三者の間の信頼関係が重要だと考えています。
  このトレーニング期間の間は、その信頼関係を築く時間だとも考えております。低年齢の時はなるべく負担をかけない治療を、そして3歳児くらいから、トレーニングを開始して、「歯医者さんなんて恐くない!」と思ってもらえる診療を行いたいと思っております。


Satsuki-cho Satomi Dental Copyright 2006.All Right Reserved.